Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターコムと日本ラッド、コンプラ管理製品の販売で協業

インターコムと日本ラッドは、IT資産の管理やインターネットの利用状況を監視できるコンプライアンス対策製品の販売で協業した。

両社はインターコムが開発した企業向けコンプライアンス対策ツール「MaLion 3」について販売代理店契約を締結。日本ラッドでは同製品の提供を開始する。

「MaLion 3」は、組織内部のコンプライアンス推進を支援するツール。IT資産管理やレポート機能のほか、PC操作ログの収集に対応。

ウェブサイトへのアクセス状況やメールの送受信、許可されていないPCや機器の持ち込みについて監視することができる。

(Security NEXT - 2011/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
サイバネット、米Carbon Blackのエンドポイント製品を取扱開始