Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新プログラム17件を公開予定 - 「緊急」は9件

日本マイクロソフトは、4月13日に月例セキュリティ更新プログラム17件を提供する予定だ。

深刻度がもっとも高い「緊急」とされているプログラムは9件で、脆弱性を悪用された場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

いずれも「Windows」の脆弱性を解消するプログラムとされており、そのうち「Internet Explorer」や「Office」に関連するプログラムが1件づつ含まれる。

残り8件のプログラムは深刻度「重要」のプログラム。そのうち4件は「Windows」に関する修正プログラム。

一方3件は「Office」に関するプログラムで、そのなかの1件はサーバソフトウェアの脆弱性へ対応する。残りのプログラム1件では、開発ツールの脆弱性を修正する予定。

(Security NEXT - 2011/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース