Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月のフィッシング攻撃、10カ月ぶりに1万8000件超の大台へ - NZ地震の便乗攻撃も

EMCジャパンRSA事業本部は、同社が2月に観測したフィッシング攻撃の発生状況について取りまとめた。

2月は日数が少ないにもかかわらず、1月の1万6355件を大きく上回り1万8079件が観測された。1万8000件を超えたのは、2010年4月以来10カ月ぶり。

2月はニュージーランドで大きな地震が発生し、一部便乗する攻撃が確認されているが、同社によれば、それを上回るペースで増加しており、原因などはわからないという。fast-flux型攻撃は確認されていない。

ブランドが悪用された企業は、11月以降4カ月連続で増加しており、268件まで増加。46%が6回以上の攻撃を経験している。ただし、あらたに被害を受けた企業は2社とわずかで、多くの企業が繰り返し攻撃を受けている。

(Security NEXT - 2011/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査