Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4分の1の企業がデータ漏洩により企業戦略に影響

サイバー犯罪において、企業秘密やマーケティング計画文書など企業の情報資産が狙われている。25%の企業がデータ漏洩により企業戦略に影響が出ているという。

米McAfeeと米Science Applications International Corporationが、米国、英国、日本、中国、インド、ブラジル、中東のグローバル企業のIT担当上層社員1000人以上を対象に調査を実施し、取りまとめたもの。

調査によれば、企業の4社に1社が、情報漏洩により企業買収や新製品の市場投入などが中止になったり、時期が遅れたと回答した。

一方で漏洩発生後に対策を実施した企業は半数と対策が進んでおらず、このような漏洩事件をすべて報告している企業は3割にとどまっているという。

またリスク評価については多くの企業が頻繁に実施しておらず、4社に1社が年2回以下しか実施していない。また企業の6割以上が、あらたなセキュリティ課題として「iPad」「iPhone」「Android」などモバイルデバイスの管理を挙げている。

(Security NEXT - 2011/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
米政府、DDoS攻撃対策のガイダンスを公開 - 影響を考慮しつつ対策を
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
緊張高まる国際情勢を受けてセキュリティ対策強化呼びかけ - 経産省