Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童名簿を自転車の前かごに放置し紛失 - 平塚市の小学校

神奈川県平塚市の小学校において、教諭が児童224人分の名簿などを鞄ごと紛失していたことがわかった。

紛失したのは、家庭科の評定が記載された5年生116人と6年生108人の児童名簿。このほか、解答済みのテスト用紙や授業光景を撮影したデジタルカメラなども含まれる。

同教諭は3月15日に業務終了後に市内の電器店に立ち寄り、名簿などが入った鞄や紙袋を自転車の前かごに置いたまま買い物をしたところ、5分後に戻ると鞄がなくなっていたという。

同校では、保護者会を開いて対象となる児童の保護者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
小学校で調査票が所在不明、判明後2カ月後に報告 - 湖南市
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
小学校で課題投函の移動中に名簿を紛失 - 西宮市
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校