Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最大7000件の骨粗しょう症検査受診者の個人情報含むPCが所在不明 - ろっこう医療生協

ろっこう医療生活協同組合において、骨粗しょう症検査に関する個人情報が最大7000件が保存されたノートパソコンが所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているPCは、骨粗しょう症の検査時に使用していたもので、推定で約7000件の個人情報が保存されていた。

骨粗しょう症検査の受診者のカタカナ氏名、生年月日、性別、検査日および検査結果、電話番号を一部流用したID番号などが含まれる。

2月25日に保管場所から紛失していることが判明し、警察へ届けた。データのバックアップを行っておらず、対象者の特定ができないほか、過去の検査データと比較が行えないなど影響があるとしている。

(Security NEXT - 2011/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都