Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、セキュリティ製品の導入効果も分析できるリスク管理製品最新版

マカフィーは、パッチ最適化機能をあらたに搭載したリスク管理ソリューション最新版「McAfee Risk Advisor version 2.6」を提供開始した。

同製品は、脅威や脆弱性などの情報をもとに、環境内の資産に存在するリスクの評価や管理が行えるソリューション。最新版ではリスク評価機能が強化されたほか、パッチ最適化機能があらたに搭載した。

また、セキュリティ対策製品をあらたに導入した場合に、どの程度リスクを低減することができるか、影響について数値で確認できる新機能「What-If分析機能」を装備している。

セキュリティマネジメントコンソール「McAfee ePolicy Orchestrator」による統合管理が可能。その他の同社製品や90以上のパートナー製品との連携できる。

価格は、11から25ライセンス利用の場合、初年度サポート料含め1ライセンスあたり5827円。

(Security NEXT - 2011/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
経験者の派遣にも対応したCISO支援サービス - GRCS
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
日立シス、リスク評価やセキュリティレベルを保つサービスを開始
日本HP、「セキュリティコンサルティング」サービスを強化