Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidを乗っ取るボット型ウイルスが発生 - 海賊版アプリにも混入

情報処理推進機構(IPA)は、「Android」を標的としたボット型ウイルス「Geinimi」が発生しているとして、注意喚起を行った。

2010年末より、「Android」を標的としたボット型のウイルス「Geinimi」が出回っているもの。同ウイルスは、外部から制御できる機能を備えたボット型ウイルスで、電話発信やメール送受信、個人情報の漏洩などにつながるおそれがある。

2010年8月ごろよりSMSを悪用するトロイの木馬や、ゲームアプリを装って端末の位置情報を送信するスパイウェアなどがすでに観測されているが、ボット型ウイルスが見つかったのは今回がはじめて。

同機構によれば、同ウイルスはGoogleが運営している「Android Market」以外のアプリ配布サイトで正規アプリと抱き合わせた形で配布されているという。

(Security NEXT - 2011/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減