Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月のフィッシング攻撃、引き続き1万6000件台で推移

EMCジャパンは、2010年12月のフィッシング発生状況を取りまとめた。

同社RSA事業部によれば、12月に同社が検知したフィッシング攻撃は1万6782件で前月からほぼ横ばい。6月には一時1万3000件台まで減少したものの、2010年後半は1万6000件から1万8000件のレンジで推移している。

110121rs2.jpg
フィッシング攻撃の月次推移(グラフ:EMCジャパン)

7月以降、同社では犯罪組織「Rock Phish」による「fast-flux攻撃」は確認しておらず、ウェブサイトのハイジャックによりフィッシングサイトをホスティングする手法へ変化が進んでいるという。

悪用されたブランドは、9月以降増加しており236件。2010年4月以降の最高値を記録した。6回以上攻撃を受けたブランドは94件で、前回の89件から増加している。

(Security NEXT - 2011/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加