Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むUSBメモリを教員が紛失 - 立教大

立教大学において、学生の個人情報が保存されたUSBメモリの紛失が判明した。

同大社会学部の教員が、12月2日に池袋キャンパス内で紛失したもの。学生の氏名や学籍番号、成績情報など個人情報約1600件が保存されていたと見られている。

警察へ被害を届けており、同大学では対象となる学生に説明と謝罪の文書を送付。情報の不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2010/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
新生児訪問指導票などを誤廃棄か、再利用段ボールで保管 - 船橋市
中学校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 高槻市
廃棄する健診記録票が運搬中に転落、翌日回収 - 桐生市
高校で引出に入れた記録簿が所在不明に - 大阪府
霊園使用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岩見沢市
顧客情報記載の伝票綴1冊が所在不明 - 東春信金
小学校で結核健診問診票を紛失、整理が不十分で - 平塚市