Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が9カ月にわたりネット上で閲覧可能に - 東京大

東京大学大学院が開催したシンポジウムや入試説明会に申し込んだ関係者の個人情報が、約9カ月にわたりネット上で閲覧可能だったことがわかった。

同大によれば、2010年3月にウェブサーバの更新を行った際、アクセス制限の設定を誤って無効に設定したため、3月25日から12月18日にかけて、外部からアクセスできる状態だったもの。すでに修正されている。

同大学院新領域創成科学研究科が2008年4月12日および20日に実施した公開シンポジウムや入試説明会へ参加申し込みを行った関係者の氏名、メールアドレス、所属、職位などが閲覧できる状態だったという。

(Security NEXT - 2010/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 公益財団法人
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社