Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のフィッシング攻撃、前月から5%増 - オンラインフォーム利用する新手口も

RSAセキュリティは、11月に同社が検知したフィッシング攻撃の状況を取りまとめた。

11月は、前月から5%増となる1万6813件。フィッシングサイトをホストせず、メールでフォームを添付ファイルとして送りつけ、アンケートなどに利用されている一般的なオンラインフォームサービスでデータを回収するあらたな手口が発生しており、件数の増加につながったという。

11月にフィッシングで悪用されたブランドは10月の181件を上回る200件で3カ月ぶりに200件を超えた。6回以上攻撃を受けたブランドは89件で前月の91件から横ばいだった。

フィッシング攻撃を受けた国は、米国が39%最多で、次いで25%を占めたイギリス。南アフリカ(12%)、中国(11%)が続いている。

(Security NEXT - 2010/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働