Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人確認に問題、携帯電話販売業者に是正命令 - 総務省

総務省は、携帯電話の新規契約時における本人確認に問題があったとして、ティーガイアと兼松コミュニケーションズへ是正命令を行った。

同省によれば、ティーガイアでは、2008年4月から2009年2月までに19件の契約において違反があった。また兼松コミュニケーションズについても2009年1月から同年9月までに5件で正しく本人確認が行われていなかったという。

同省では携帯電話不正利用防止法違反に違反したとして、両社へ是正を命じるとともに、監督義務を負うNTTドコモに対して、販売業者への監督徹底を指導した。

(Security NEXT - 2010/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FC会員情報含むUSBメモリを撮影会場で紛失 - 新日本プロレス
メンテナンス中に本人確認資料画像データを誤消去 - 琉球銀
「ビックカメラ」からの「異常通知」装うフィッシング攻撃
「メルカリ」利用者狙うフィッシング - 本人確認サービスへ誘導
「Apple」かたるフィッシング攻撃の報告が増加
YKK APのECサイトで不正注文、サイトを一時停止 - 情報流出は否定
個情委、公金受取口座の誤登録問題でデジタル庁に行政指導
「エムアイカード」装うフィッシングの報告が増加
5店舗で顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄が判明 - 島田掛川信金
コード決済サービス「FamiPay」装うフィッシングに注意