Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人確認に問題、携帯電話販売業者に是正命令 - 総務省

総務省は、携帯電話の新規契約時における本人確認に問題があったとして、ティーガイアと兼松コミュニケーションズへ是正命令を行った。

同省によれば、ティーガイアでは、2008年4月から2009年2月までに19件の契約において違反があった。また兼松コミュニケーションズについても2009年1月から同年9月までに5件で正しく本人確認が行われていなかったという。

同省では携帯電話不正利用防止法違反に違反したとして、両社へ是正を命じるとともに、監督義務を負うNTTドコモに対して、販売業者への監督徹底を指導した。

(Security NEXT - 2010/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
「FamiPay」装うフィッシングメール - 「緊急連絡」「本人確認」など件名さまざま
預金や出資金の申込書などが所在不明 - 鹿児島相互信金
特例貸付の申請書類など所在不明に - 江戸川区
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
DMMをかたるフィッシング、本人確認装い偽サイトへ誘導
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応