Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティの課題を共有する日系中国進出企業の連絡会が上海で発足

上海ラック、トレンドマイクロ、KDDI上海、上海凱訊らは、「中国情報セキュリティ連絡会(上海)」を発足した。すでに40社が参加しており、追加会員を募集している。

同連絡会は、中国へ進出する日系企業で情報セキュリティに関する課題を共有し、セキュリティの強化を目指す団体。定期セミナーや分科会などを開催するほか、ワールドワイドや中国のセキュリティトピックを定期的に配信する。

現在40社が参加しているが、新規募集として80社を募集しており、申し込みは事務局でメールにて受け付ける。2011年1月末日まで募集しているが、定員になり次第締め切りとなる。今後は上海や北京、大連など他地域の連絡会についても発足する予定。

(Security NEXT - 2010/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット