Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチ「MS10-090」には問題が存在 - 別途プログラム適用を

マイクロソフトが15日に提供を開始した月例セキュリティ更新プログラムの「MS10-090」には、公開時点で不具合が判明している。同社では問題を解消するプログラムをあわせて公開しており、適用を呼びかけている。

「MS10-090」は、「Internet Explorer」に存在する7件の脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラム。脆弱性の一部悪用も判明しており、深刻度が「緊急」に設定されているが、同プログラムを適用した場合に「Windows Liveメール」など一部メールソフトや、ウェブサイトを閲覧した場合に、文字化けが発生する可能性がある。

不具合は、サーバ側でHTTPヘッダの文字コードを「ISO-2022」へ設定している場合に生じるもので、他文字コードや「metaタグ」による指定であれば発生しない。具体名は明らかにされていないが、公的なサイトや個人サイトなど影響を受けるウェブサイトも確認されているという。

同社では、メールソフト上で発生する不具合を解消する「重要な更新プログラム」として「KB2467659」を用意、セキュリティ更新プログラムとあわせて提供を開始しており、適用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
ヤフー、ID編集結果を他利用者に反映する不具合 - 情報流出や誤配送のおそれ
事業者アンケートで他社回答を表示する不具合 - 公取委