Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

私物通信カードで解凍ソフトをダウンロード、インストールした職員を懲戒処分 - 立川市

立川市は、個人所有のデータ通信カードを利用し、ネットワーク経由でソフトを入手、インストールしていた職員に対し、懲戒処分を行った。

同市によれば、2010年6月14日に環境下水道部の職員が情報セキュリティ規則に違反して、土木積算システムのPCでデータ通信カードを使用。インターネットに接続してファイル解凍ソフトをダウンロードし、インストールしたという。

同市では地方公務員法違反に当たるとして、同職員に対し減給10分の1、1カ月の懲戒処分を実施。同PCは、庁内ネットワークに接続しておらず、個人情報などの被害はなかった。

(Security NEXT - 2010/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
市関連団体の監査書類を偽造、旧資料の印影を転用 - 登米市
電子カルテを目的外閲覧、外部漏洩した職員を処分 - 徳島県
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
従業員が郵便物1.3万件を放置、再配達を実施 - 日本郵便
住民の課税情報を業務外で閲覧、職員を処分 - 印西市
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
顧客の預金残高を知人に漏洩、従業員を懲戒解雇 - 阿波銀