Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

私物通信カードで解凍ソフトをダウンロード、インストールした職員を懲戒処分 - 立川市

立川市は、個人所有のデータ通信カードを利用し、ネットワーク経由でソフトを入手、インストールしていた職員に対し、懲戒処分を行った。

同市によれば、2010年6月14日に環境下水道部の職員が情報セキュリティ規則に違反して、土木積算システムのPCでデータ通信カードを使用。インターネットに接続してファイル解凍ソフトをダウンロードし、インストールしたという。

同市では地方公務員法違反に当たるとして、同職員に対し減給10分の1、1カ月の懲戒処分を実施。同PCは、庁内ネットワークに接続しておらず、個人情報などの被害はなかった。

(Security NEXT - 2010/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
孫のパスポート代理申請で個人情報を持ち出し - 熊本市
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市