Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岡崎市、図書館システムの個人情報流出問題で入札参加停止処分

三菱電機インフォメーションシステムズが販売した図書館システムから、利用者の個人情報が流出した問題で、愛知県岡崎市は同社に対し18カ月の入札参加停止措置を決定した。

同社は、岡崎市立中央図書館において納入したシステムの調整や試験を行ったが、システム内に個人情報が残存しているまま、国内の複数図書館に納入していたもの。利用者163人分の個人情報が混入し、そのうち2図書館でデータのダウンロードが確認された。

同市はこれを受け、入札参加者審査委員会において審議を行った結果、同社中部支社に対し、11月26日から2012年5月25日まで18カ月の入札参加停止措置を決定した。

(Security NEXT - 2010/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

勤怠システムがランサム被害、総当たり攻撃で侵入か - ヴィアックス
図書館利用団体のメアド流出で謝罪 - 千葉市
図書館でメール誤送信、講座受講者のメアド流出 - 新潟青陵大
対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
個人情報関連の事務処理ミスを公表 - さいたま市
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
抽選結果の通知メールを誤送信、メアド流出 - 都立図書館
図書館サイト停止、情報流出は否定 - 川崎市
市立図書館に不正アクセス、メール送信の踏み台に - 富山市
図書館システム「LIMEDIO」に脆弱性 - 緩和策がアナウンス