Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

報道関係者向けメールでメールアドレスなどが流出 - PR会社

京セラコミュニケーションシステムのプレスリリース配信でミスが発生し、報道関係者のメールアドレスなどが流出した。

同社よりプレスリリースの配信を請け負うワイワイカンパニーにおいて、誤配信が発生したもの。メール配信時に誤ってCCを利用したため、受信者間でメールアドレスなど閲覧できる状態となった。

流出したメールアドレスは57件で、一部氏名や所属も記載されていた。これには媒体のプレスリリース窓口など、一般に公開されているメールアドレスも含まれる。

同社は今回の紛失を受け、関係者へ謝罪のメールを送信。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2010/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン