Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

代理店で顧客情報約3万9000件を含むCD-Rが所在不明に - アフラック

アメリカンファミリー生命保険(アフラック)の代理店において、顧客情報3万8980件が保存されたCD-Rが所在不明になっていることがわかった。

代理店であるいずみライフデザイナーズが、アフラックより受け取った2004年11月分の業務情報を含むCD-Rを紛失したもの。3万8980件の証券に関する情報が保存されており、個人情報は3万555人分にのぼる。氏名のほか、保険の種類や口数、保険期間、保険金額、保険料、証券番号など含まれるが、CD-Rにはパスワードが設定されていたという。

いずみライフデザイナーズが、一部業務の移転作業を行った際に気が付いたもので、10月12日にアフラックへ報告した。調査の結果、2006年2月の時点で紛失していた可能性が高いが、悪用されたとの報告はないとしている。同社では文書で事情を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府