Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鈴鹿サーキットの通販サイトに不具合 - URL操作で個人情報が閲覧可能に

鈴鹿サーキットを運営しているモビリティランドは、同社通販サイト「MOBILITY STATION」において、特定の操作で他顧客の個人情報が閲覧できる不具合があったことを明らかにした。

同社によれば、会員メニューの購入履歴照会において、URLへ任意の申込番号を入力することにより、他購入者の情報が表示される状態だったもので、商品購入者の氏名、住所、電話番号、メールアドレスのほか、商品届け先の氏名、住所、電話番号などを閲覧できたという。

利用者の指摘により問題が判明したもので、同社が調査を行ったところ、サイトを開始した2008年2月13日から2010年9月15日までの間に、61人の情報が閲覧された可能性があった。

同社では、すでにシステムの修正を終えており、対象となる顧客へ個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2010/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M
都の医療機器産業参入支援事業でメアドが流出 - システムの不具合で
講座マッチングサービスで不具合、メアドを誤表示
チケットセンターで他会員の個人情報を誤表示 - CBCテレビ
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
行政サービスの共通認証「GビズID」で他社個人情報を取得できる不具合
将棋動画配信サービスで不具合、個人情報が流出
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合