Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鈴鹿サーキットの通販サイトに不具合 - URL操作で個人情報が閲覧可能に

鈴鹿サーキットを運営しているモビリティランドは、同社通販サイト「MOBILITY STATION」において、特定の操作で他顧客の個人情報が閲覧できる不具合があったことを明らかにした。

同社によれば、会員メニューの購入履歴照会において、URLへ任意の申込番号を入力することにより、他購入者の情報が表示される状態だったもので、商品購入者の氏名、住所、電話番号、メールアドレスのほか、商品届け先の氏名、住所、電話番号などを閲覧できたという。

利用者の指摘により問題が判明したもので、同社が調査を行ったところ、サイトを開始した2008年2月13日から2010年9月15日までの間に、61人の情報が閲覧された可能性があった。

同社では、すでにシステムの修正を終えており、対象となる顧客へ個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2010/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
ネットスーパーで無関係の顧客情報が表示される不具合 - ヤオコー
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導