Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」の一部バージョンに脆弱性 - MSはパッチ提供を断念

マイクロソフトは、一部バージョンの「Exchange Server」が提供するウェブメールサービス「Outlook Web Access」に、未修整の脆弱性が判明したとしてアドバイザリを公表した。同社は、セキュリティ更新プログラムの提供は行わない方針。

今回判明した脆弱性は、認証されたOWAのセッションが乗っ取られる可能性があるもので、メールを読まれたり設定が変更されるおそれがあるほか、利用者を不正なページへ誘導するなど悪用されるおそれがある。

影響を受けるのは、「同2003 SP2」と「同2007 SP1」「同2007 SP2」で、現時点で脆弱性に対する攻撃は確認されていない。

脆弱性を解消するにはソフトウェアそのもののデザインを変更する必要があり、デザイン変更がユーザーへ及ぼすリスクは小さくないとして、同社は、セキュリティ更新プログラムを提供しないという。

「同2000」「同2007 SP3」「同2010」については影響を受けないことが判明しており、同社では利用者へ脆弱性が含まれていないバージョンへアップグレードすることを推奨。すぐにアップグレードできないユーザーへ回避策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開