Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップデート機能を備えた「InterSafe SecureDevice」最新版

アルプスシステムインテグレーションは、USBメモリ向けセキュリティ対策ソフト「InterSafe SecureDevice」の最新版を、9月30日より発売する。

同製品は、USBメモリに対して暗号化や内部データの使用制限などを設定できるセキュリティ対策ソフト。最新版となる「同v1.5」では、プログラムのアップデート機能を搭載し、USBメモリ内部のデータを削除せずに、プログラムのアップデートを行うことが可能になった。

またユーザー権限で動作するPCで管理コンソールの全機能が利用できるようになったほか、「Microsoft Office 2010」に対応した。

(Security NEXT - 2010/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル