Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac OS Xの脆弱性を解消する「Security Update 2010-005」

Appleは、脆弱性を解消するMac OS X向けのセキュリティアップデート「Security Update 2010-005」をリリースした。

「Mac OS X 10.5.8」や「Mac OS X 10.6.4」などに含まれる13件の脆弱性を解消したもの。「Mac OS X Server 10.5」「Mac OS X Server 10.6」の不具合についても対応している。

今回のアップデートでは、「PHP」に関する6件の脆弱性を解消。リモートでコードが実行される可能性がある「Samba」の脆弱性1件に対処したほか、セキュリティ対策ソフト「ClamAV」や「libsecurity」などの脆弱性へ対応した

(Security NEXT - 2010/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security