Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドと連携するシンクライアントを無償提供 - 日本ラッド

日本ラッドは、同社のSaaS型サービス「SaaSes」において、USBブート型シンクライアント「CIRRUS」の無償提供を開始した。

今回無償提供するのは、USBブート型のシンクライアントソリューション。ソフトのインストールは不要で、PCのブートデバイス設定を変更し、「Windows」ではリモートデスクトップ、「Linux」ではXDMCPによりサーバへ接続して利用できる。

ホスティングやレンタルサーバ、アプリケーションサービスを提供している同社のSaaS型サービス「SaaSes」の新サービスとして提供される。法人、個人を問わず無料でダウンロードでき、同社の専用サーバサービスや共用サーバサービスとの連携も可能。

(Security NEXT - 2010/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応