Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小規模のオフィス向けUTMをリリース - チェック・ポイント

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、中小規模組織向けUTM「Series 80アプライアンス」を提供開始した。

同製品は、同社のソフトウェア型アプライアンス「Software Bladeアーキテクチャ」をベースに動作し、標準でファイアウォールとVPNを備えたセキュリティゲートウェイ。

ウイルス対策やIPS、VPN、URLフィルタリング、スパム対策など必要に応じて機能を追加することが可能。ファイアウォールで1.5Gビット、IPSで720Mbpsのスループットを実現した。価格は38万円。

また同社は、複数ドメインのセキュリティ管理が行える「Multi-Domain Management Software Blade」を、ソフトウェアアプライアンスのラインナップに追加した。

複数の仮想ドメインに分割してセキュリティ管理が行うことができ、ゲートウェイやマルチドメインシステムコンポーネントをコンソールから一元的に監視することができる。価格は21万円で、同社では専用アプライアンス「SMART-1」も用意している。

(Security NEXT - 2010/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
UTMを最大52台まで拡張できる新製品 - チェック・ポイント
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援