Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」装うフィッシングが発生 - 複数URLで稼働中

クレジットカードブランド「MasterCard」を装ったフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング対策協議会では、誤って個人情報などを入力しないよう注意を呼びかけている。

現在確認されているメールは、英文によるもので「MasterCard Account Holder」「Regarding Your MasterCard」「MasterCard Alert」といった件名で送信されている。フィッシングメールでは、「あらたなセキュリティの認証システムを導入した」などとしてサイトへ誘導しており、MasterCardなどカード情報を入力させる手口だった。

同協議会では、誘導先ウェブサイトのURLとして6件を確認。8月11日15時の時点で稼働中であることから、フィッシングサイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼しているという。

(Security NEXT - 2010/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
「りそな銀行」かたるフィッシング攻撃の報告が増加
先週注目された記事(2024年6月23日〜2024年6月29日)
取引先や従業員に関する一部情報の流出を確認 - KADOKAWA
セミナー事務局のメルアカからスパム送信、原因を調査 - 広島県