Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゼロデイ攻撃発生したWindows脆弱性に回避策 - アイコン白紙になるも攻撃から防御

Windowsシェルに脆弱性が存在し、ゼロデイ攻撃が発生している問題で、マイクロソフトは、攻撃の成立を防ぐ回避策を公開した。

同社では、今回の脆弱性へ対応するため、セキュリティ更新プログラムの開発に取り組んでいるが、応急措置として緩和策をアナウンスしたもの。

具体的には、レジストリ操作によりショートカットアイコンの表示を停止するもので、英語圏向けのページとなるが、同社は操作や復元を自動化したプログラム「Fix it」を用意している。

回避策を実施しても、ショートカットファイルにおいてリンク先の参照を引き続き行うことが可能だが、メニューやWindows Explorer上でアイコン表示がすべて白紙状態となるため、視認性が低下するおそれがある。

(Security NEXT - 2010/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ