Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム送信ワーストは米国、欧州も増加懸念 - ソフォスレポート

ソフォスは、2010年第2四半期のスパムの状況を取りまとめ、送信国ワースト12を発表した。

同社のレポートによれば、スパム送信国のワースト1位は米国で、全体に占める割合は15.2%と、前回調査の13.1%から増加した。また、英国4位、フランス6位、ドイツ7位と、欧州におけるスパム送信の増加が見られる。

これにより、地域別ランキングでは欧州が35%を占め、前回1位だったアジアを抜いてトップになった。また日本は30位で、全体に占める割合は0.77%となっている。

特に欧州では、マルウェアに感染してゾンビ化したコンピュータから配信されるスパムが増加しており、最終的には個人情報や口座情報を盗むことを目的としたものも多いという。

(Security NEXT - 2010/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」