Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム送信ワーストは米国、欧州も増加懸念 - ソフォスレポート

ソフォスは、2010年第2四半期のスパムの状況を取りまとめ、送信国ワースト12を発表した。

同社のレポートによれば、スパム送信国のワースト1位は米国で、全体に占める割合は15.2%と、前回調査の13.1%から増加した。また、英国4位、フランス6位、ドイツ7位と、欧州におけるスパム送信の増加が見られる。

これにより、地域別ランキングでは欧州が35%を占め、前回1位だったアジアを抜いてトップになった。また日本は30位で、全体に占める割合は0.77%となっている。

特に欧州では、マルウェアに感染してゾンビ化したコンピュータから配信されるスパムが増加しており、最終的には個人情報や口座情報を盗むことを目的としたものも多いという。

(Security NEXT - 2010/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て