Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託業者の誤封入で顧客情報が流出 - 福祉医療機構

福祉医療機構は、書類の発送を委託した業者が、顧客の封筒1通にほかの顧客9件の情報が記載された書類を誤って封入して発送していたことを明らかにした。

誤送付されたのは、2009年度決算事業報告書の提出を依頼する文書。委託業者が6月18日に発送した際、顧客1件の封筒にほかの顧客9件の情報が記載された文書を誤って封入。そのまま発送した。

22日に封筒を受け取った顧客からの連絡があり、判明。同機構では関係者への説明と謝罪を行うとともに、委託先での管理徹底を指導するとしている。

(Security NEXT - 2010/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市