Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba 3.3.12」に危険度が高い脆弱性 - 早急なパッチ適用を

「Samba 3.3.12」および以前のバージョンに深刻な脆弱性があるとして、The Samba Teamは、脆弱性を解消するセキュリティパッチの提供を開始した。「Samba 3.4.0」以降のバージョンについては影響を受けないという。

同ソフトにおいて、SMB1パケットの取り扱いに不具合があり、メモリ破壊が発生するおそれが明らかになったもの。細工を施されたパケットを受信するとクラッシュし、不正なコードが実行されるおそれがある。

認証していない端末から発信されたパケットでも影響を受けるため、The Samba Teamでは今回の脆弱性について非常に危険な脆弱性であると指摘。早急にパッチを適用し、「Samba 3.3.13」へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ