Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクションでサイト改ざん、個人情報の漏洩は否定 - キャラアニ.com

キャラクターグッズやソフトウェアの販売サイト「キャラアニ.com」がSQLインジェクション攻撃を受け、サイトの一部ページが改ざんされていたことがわかった。ページを閲覧した場合、ウイルスに感染するおそれがあったという。

サイトを運営するキャラアニによれば、改ざんされたのは、サイト内の商品カテゴリデータベースでカテゴリ名が表示されるページ。商品カテゴリに関するデータベースがSQLインジェクション攻撃を受け、外部サイトのJavaScriptを実行するクロスサイトスクリプティングのコードが埋め込まれた。

改ざんが発生したのは6月12日0時ごろで、サイトを停止した同日2時までに不正コードが埋め込まれたページをInternet Explorerで閲覧した場合、ActiveXコンポーネントからファイルをダウンロードし、ウイルスに感染するおそれがあった。感染する可能性があったウイルスは比較的古い種類だったという。

同社では、外部事業者に依頼して調査を実施。アクセスログの検証やソースコードの監査、ウイルスチェックをなどを行って安全性を確認したうえで、14日13時30分にサイトを再開した。不正アクセスを受けたのはカテゴリ関連のデータベースのみで、個人情報の漏洩については否定している。

(Security NEXT - 2010/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性