Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LZH形式ファイルでウイルス検証回避の脆弱性 - ライブラリ作者が利用中止を呼びかけ

LZH形式の圧縮に用いるライブラリ「UNLHA32.DLL」の開発者であるMicco氏は、セキュリティ対策ソフトの多くにLZHファイルの検知を回避する問題が含まれているとして、利用を控えるようアナウンスを行った。

LZA形式で圧縮したファイルについて、ファイルヘッダの検証処理に問題があるもので、同氏が4月に実施した調査によれば、16製品のうち対応している製品は3製品のみだったという。

ゲートウェイでウイルスの侵入検知を実施している場合、ウイルスが容易に組織のネットワーク内部へ侵入できると同氏は警告を発しており、ゲートウェイのみでセキュリティ対策を実施している場合は「LZH形式」のファイルを拒否するよう呼びかけている。

圧縮ファイルの取り扱いに関する脆弱性「CVE-2010-0098」は、4月にフィンランドのCERT-FIが「zip」「cab」「7z」などについてアラートを公表。NVDにおいてCVSSの深刻度が「10.0」と評価され、その後「zip」などについては多くのセキュリティ対策製品で対応が行われている。

(Security NEXT - 2010/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処