Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

傷病手当金の支給申請書が所在不明に - 協会けんぽ大阪支部

全国健康保険協会大阪支部において、今年4月に受け付けた傷病手当金支給申請書28件が所在不明になっていることがわかった。

所在が不明になっているのは、4月9日から13日の間に同支部が受け付けた傷病手当金支給申請書28件。5月6日に申請書の進捗状況を確認した際に判明したもので、全職員で捜索を行ったが発見できなかったという。

同協会では、職員の聴き取り調査などを実施した結果として、書類は外部に持ち出されたのではなく、内部で誤って廃棄された可能性が高いと結論付けている。

同支部では、すでに対象となる加入者や事業所に対し説明と謝罪を行っており、今後は申請書の保管方法を見直すなど再発防止策を講じる。

(Security NEXT - 2010/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
小学校で児童の個人情報含むノートを紛失 - 平塚市
顧客情報約21万件含む旧サーバが所在不明 - 都内ホテル