Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DB監査製品をバージョンアップ、特権IDの特定操作などが警告可能に - インサイトテクノロジー

インサイトテクノロジーは、データベース監査製品の最新版「PISO 4.2.2」を5月24日より提供開始する。

同製品は、データベースへのアクセス状況のログを記録し、必要に応じて抽出したり、不正アクセス検知時に警告を行うことができるセキュリティ製品。レポート機能によりアクセスログの追跡が可能で、データの改ざん防止機能なども搭載している。

最新版では、「検索」「更新」「削除」などデータベース操作ごとの警告機能を追加。特権IDによる更新、削除、挿入といった処理をリアルタイムで警告したり、レポートを製作することができるようになった。

(Security NEXT - 2010/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky