Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のマラソン関連サイトが改ざん、閲覧者にウイルス感染のおそれ

複数のマラソン関連サイトの一部ページが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

「EKIDENカーニバル2010東東京大会in北区荒川大会」および「仙台国際ハーフマラソン」の「ランナーズアップデート」サービスのページで改ざんが発生したもの。運営するアールビーズによれば、同社サイト「RUNNET」の「ランナーズアップデート」サービスのサーバへ不正アクセスが発生したのが原因だという。

改ざんが発生したのは、「EKIDENカーニバル2010東東京大会in北区荒川大会」のページが5月7日17時半ごろ、仙台国際ハーフマラソンが5月8日1時半ごろで、いずれも5月10日10時まで改ざんされた状態が続いた。期間中に閲覧した場合、不正サイトへ誘導され、ウイルスへ感染するおそれがある。

同社では原因や再発防止策など調べており、ウェブサイトは現在停止している。利用者へウイルスへ感染していないかセキュリティ対策ソフトを利用して確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

固定資産税下げようとシステム改ざん、職員を停職処分 - 上尾市
調味料通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - JF全漁連
通販サイトで個人情報流出の可能性、警察の連絡で発覚 - 長崎県物産振興協会
個情委見解受け再精査、個人情報流出の可能性ありと判断 - こころネット
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
求職情報サイトで遠隔操作やデータ取得の形跡 - 日刊工業新聞
サイトに不正アクセス、テスト環境でPW窃取される - 日水コン
福井県の味噌蔵通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出のおそれ