Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「国民を守る情報セキュリティ戦略」が決定 - マルウェア解析の適法化や税共通番号制なども視野に

情報セキュリティ政策会議は、情報セキュリティ政策の基本戦略「国民を守る情報セキュリティ戦略」を決定した。

2009年7月に米国や韓国でDDoS攻撃が発生したり、「Gumblar」による改ざん被害など拡大しており、こうした背景のもと、サイバー攻撃が発生した際に対応できる体制の整備や、情報セキュリティ対策が経済成長戦略に寄与するよう、情報通信技術の利活用を目的とした政策などとの連携強化も目指したもの。

同戦略では、「第2次情報セキュリティ基本計画」を踏まえて今後の情報セキュリティ戦略をあらたに策定したもの。サイバー上の安全保障や危機管理、IT利活用など踏まえた政策強化など取りまとめた。

政府や官民連携の政策に限らず、国際連携や地方公共団体、独立行政法人における情報セキュリティ対策についても言及している。

(Security NEXT - 2010/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
米政府、悪用済み脆弱性リストに15件を追加
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
通信事業者のフロー情報用いたC2サーバ検知は正当業務 - 総務省がパブコメ
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
次期「サイバーセキュリティ戦略案」を決定 - DXとセキュリティを同時推進
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇