Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月のフィッシングメールの届出件数は前月同様に高水準 - フィッシング対策協議会まとめ

フィッシング対策協議会は、3月のフィッシング攻撃に関する届出状況を取りまとめた。フィッシングメールについては、前月と同様に高い水準で推移しているという。

フィッシングメールの届出件数は、30件弱だった年初から2月に急増して71件に達したが、3月も同様に71件の報告が同協議会へ寄せられた。一方でフィッシングで利用されたURLは、前回調査の82件から大きく減少して46件へと落ち着いている。

また報告を受けたフィッシングサイトについては、JPCERTコーディネーションセンターが調査や停止の依頼など対応を進め、いずれも停止に至っている。

同協議会によれば、ブランドの悪用被害については、4件から5件と特に大きな変動はないものの、3月はセゾンカードをはじめとするクレジットカードブランドを装うフィッシング攻撃の届け出が前月から引き続き目立っているという。

(Security NEXT - 2010/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出