Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自主点検で個人情報約1000件の紛失が判明 - 京都銀行

京都銀行は、2月から3月にかけて実施した自主点検により、顧客情報約1000件の紛失が判明したと発表した。

2月から3月にかけて実施した点検により、同行河原町支店や九条支店、高槻支店などにおいて顧客情報の綴りあわせて5冊が所在不明となっていることが判明したもの。

紛失したのは、転居により郵便物が届かなくなった個人顧客943件や法人顧客14件の情報を記載した資料4冊や伝票綴りなどで、あわせて1057件の顧客情報が記載されていた。

2006年4月、の2002年に出力した

同行では、誤って廃棄した可能性が高く、外部への流出した可能性は低いと説明。紛失した個人情報の不正利用なども発生していないという。同行では連絡が取れる顧客については訪問し事情の説明を実施している。

(Security NEXT - 2010/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院