Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鳥取県の水産試験場の一部ページが改ざん - 鳥取県のメインサイトには影響なし

鳥取県の水産試験場が公開していたウェブページの一部が、改ざんされていたことがわかった。閲覧者にウイルス感染のおそれがある。

改ざん被害を受けたページは、「境港の旬別まき網水揚げ量」および「栽培漁業センター観測による湯梨浜町沿岸水温」。鳥取県警より指摘を受け改ざん被害に気がついた。

改ざんされたページには不正なスクリプトが埋め込まれ、閲覧すると外部サーバへ誘導され、マルウェアに感染するおそれがあった。同県では改ざんの詳しい原因や影響を調べている。

同県では、同ページにおいて個人情報なども管理していかったとし、レンタルサーバで管理していたページが改ざんされたものであり、県メインサイトへの影響を否定した。また問題のページを閲覧した利用者に対してウイルスチェックを実施するよう呼びかけている。

鳥取県
http://www.pref.tottori.lg.jp/

(Security NEXT - 2010/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ