Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの添付ファイルをダウンロードにより送受信できる製品 - ソリトン

ソリトンシステムズは、オンラインストレージやメールを活用したファイル送受信アプライアンス「Net’Attest HiQZen」を発売した。

同製品は、サーバへのアップロードやメールソフトを利用して大容量のファイルをネットワーク経由で受け渡しできるアプライアンス。従来より同社が提供する「Net’AttestFileZen」と異なり製品にデータの保存領域は持っておらず、ファイルサーバやNASと連携させて利用する。

データをアップロードしたり、メールで添付ファイルを送信すると、連携するファイルサーバやNASへデータが一時保存され、ダウンロード用のURLを発行。相手へ通知することで、ファイルの拡張子や容量を気にせず受け渡しが行える。ダウンロードページにパスワードを設定することも可能。価格は、346万5000円。

100317ss.jpg

(Security NEXT - 2010/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も