Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客から受託した個人情報最大10万件を紛失 - 三井情報

三井物産子会社の三井情報は、システム開発で顧客から預かった最大10万件の個人情報が含まれるノートパソコンを紛失したと発表した。

3月3日に同社派遣社員が、派遣会社所有のノートパソコンを鞄ごと帰宅途中に紛失したもの。問題のパソコンには、テストデータなどシステム開発のために顧客から受託していた個人情報が保存されており、氏名や生年月日など最大10万件が含まれる。

同社は、パスワードを設定するなど一定の対策を実施していたと説明、現時点で不正利用などは確認していないという。また関係者へ経緯の報告や謝罪を行っており、紛失したノートパソコンの探索や個人情報の流出など継続して調査や監視を行う。

(Security NEXT - 2010/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市