Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資産管理とセキュリティ対策を統合したクラウド型サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、PCのセキュリティ対策と資産管理を統合したクラウド型サービス「BizセキュリティPCマネジメント」を4月1日より受注開始する。

同サービスは、資産管理とセキュリティ対策を統合したPC管理サービス。クラウド型サービスとして提供され、必要な機能のみ導入することが可能。社内ネットワークに接続されているだけで、把握していない端末も自動検出されるため、管理漏れを防ぐことができる。

資産情報の収集、パッチ管理、ウイルス定義ファイル管理、月次レポートなどを提供する「ベーシックプラン」と、これらの基本機能にセキュリティ構成設定情報確認および変更、アプリケーション制御、外部デバイスへの書き出し制御など推奨機能を加えた「セキュアバリュープラン」を用意した。

このほかオプションとして、ファイル配布や電源設定、非管理PC検出、英語対応のヘルプデスクなども提供する。初期費用が10万5000円から。月額利用料は1IDあたりベーシックプランが525円、セキュアバリュープランが1050円。

(Security NEXT - 2010/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
サイバネット、米Carbon Blackのエンドポイント製品を取扱開始