Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAびほく、年金振込明細表約4000件を紛失 - 支店統合時に廃棄か

岡山県のびほく農業協同組合は、顧客へ振り込む年金に関する明細表3976件が所在不明になっていることを明らかにした。

所在がわからなくなっているのは、年金の振り込みに関する明細表の一部で、顧客の氏名、口座番号、年金証書番号など個人情報3976件が含まれている。1月18日から22日に実施された農林中央金庫岡山支店における事務検査の過程で判明したもので、捜索を行ったが発見できなかった。

調査の結果、2007年2月に実施した支店の統廃合時に廃棄処理されたほか、一部は職員のミスで誤廃棄されたという。また紛失した個人情報の不正利用といった報告は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2010/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市
個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀