Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル共有サイトのマルウェア汚染が目立つ - BitDefenderレポート

BitDefenderは、1月のインターネット脅威について取りまとめ、発表した。ファイル共有ソフトで広がる「Trojan.Clicker.CM」が目立っている。

同社の調査によれば、ランキング1位は全体の8.3%を占めた「Trojan.Clicker.CM」だった。ユーザーのブラウザ内にオンラインゲームの広告を表示したり、コンピュータ上にアダルト画像などのコンテンツを表示する。海賊版コンテンツが流通するファイル共有サイトで多く検出されているという。

2位にランクインしたのは、リムーバブルメディア経由で感染を広げる「Trojan.AutorunInf.Gen」。3位の「Win32.Worm.Downadup.Gen」はWindowsの脆弱性を悪用し、ローカルネットワーク内で感染を広げるが、リムーバブルメディア経由で拡散するものもあらたな感染被害をもたらしている。

また、Windowsアップデートやセキュリティベンダーのサイトへのアクセスを制限する亜種のほか、偽ウイルス対策ソフトをインストールさせる新種も見つかっており、今後も警戒を要するという。4位の「Exploit.PDF-JS.Gen」は不正なPDFファイルで、Adobe Readerの脆弱性を利用して悪意あるコードを実行する。

5位の「Trojan.Wimad.Gen.1」は、動画を再生するためのコーデックを装ったもので、実行すると不正サイトに接続してマルウェアをダウンロードする。ファイル共有サイトで多く検出され、人気のあるコンテンツが掲載されると特に活発化するという。

同社がまとめた1月のE-Threats ランキングは以下の通り。

1位:Trojan.Clicker.CM     
2位:Trojan.AutorunINF.Gen   
3位:Win32.Worm.Downadup.Gen  
4位:Exploit.PDF-JS.Gen   
5位:Trojan.Wimad.Gen.1 
6位:Win32.Sality.OG 
7位:Trojan.Autorun.AET
8位:Worm.Autorun.VHG 
9位:Trojan.Script.254568  
10位:Trojan.JS.QAF

(Security NEXT - 2010/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超