Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月は悪用されるブランドが拡散 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、1月に同協議会へ寄せられたフィッシングの届け出状況を取りまとめた。届け出件数は減少しているが、被害に遭うブランドが増加している。

同協議会の発表によれば、1月の届け出件数は30件。2009年11月から大幅に増加した12月から8件の減少となったものの、年間を通じて見ると依然高い水準となっている。フィッシングサイトのユニークなURL数は17件減少し、24件だった。

一方でブランド名の悪用は4件増加して10件。過去12カ月で最高となり攻撃対象となるブランドが拡散している。調査対象期間には、SNSサイトやゲームサイトを狙った攻撃が確認され、同協議会では注意喚起を行っている。

100203ap.jpg

(Security NEXT - 2010/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意