Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

募金者情報が約2年にわたりネットから閲覧可能な状態に - 国連WFP協会

国際連合世界食糧計画WFP協会は、同協会が実施した「イーバンク・マンスリー募金」の募金者情報が、約2年にわたりインターネット上で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

2008年1月11日から2009年12月27日にかけて同募金へ登録した65件の情報が、インターネット上より閲覧可能となっていたもので、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、口座番号などが含まれる。

同協会の説明によれば、システムを管理する委託先のミスが原因で、1月21日に判明した。期間中に問題のデータへ2件のアクセスがあったが、募金者の情報が不正に利用されたといった情報は寄せられていないという。システムの修復を実施しており、すでに不具合は解消されている。

(Security NEXT - 2010/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
保育所でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 守谷市
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社