Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、アクセス管理ソリューションにWindowsサーバ向けオプション

NRIセキュアテクノロジーズは、プロキシ型アクセス管理ソリューション「SecureCube/Access Check」の最新版を発売した。

同製品は、サーバーとクライアントPC間に設置し、サーバのアクセス制御やログ管理を実現するセキュリティソリューション。

最新版では、Windowsサーバへ対応するためのオプションを用意。同オプションにより、Windowsサーバにおける監査を実現し、リモートデスクトップ接続やファイル共有への接続のアクセス制御や監査ログの取得に対応する。今回の機能強化により、特権IDを利用したすべてのサーバアクセスへ対応した。

またアクセスの申請内容と実際の操作ログを比較し、不正な操作が行われている場合に管理者へ通知する「不正アクセス検知機能」を追加している。

「SecureCube / Access Check」の価格は485万円。Windowsサーバー対応のオプションは195万円。

NRIセキュアテクノロジーズ
http://www.nri-secure.co.jp/

(Security NEXT - 2009/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント