Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

有名企業の支払請求を装ったウイルスメールが拡散 - G Dataが注意喚起

G Data Softwareは、11月18日未明より、マイクロソフトやヤフーなど有名企業からの支払請求を装ったウイルスメールが大量に配布されているとして、注意を喚起した。

同社によれば、問題のメールは有名企業からの支払請求を装ったもので、マイクロソフトやヤフー、スターバックス、コカコーラ、デルタ航空、スタインウェイなど、日本でもブランドが浸透している企業の名前が悪用されているという。

件名に「payment request from」と含まれるものが多く、未払い金を払う場合でも断る場合でも、「module.zip」という添付ファイルを開くよう要求される。

誤ってファイルを実行するとトロイの木馬「Trojan.Win32.Sasfis」に感染し、クレジットカード番号やオンラインバンキングのログインデータが盗まれるため、同社では、添付ファイルには手を付けず、メールを削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース