Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フロントライン、クロスプラットフォームで利用できるフォレンジックツール2種を発売

フロントラインは、米SubRosaSoft.comのフォレンジックソフト「MacForensicsLab 英語版」「MacLockPick 2.1 英語版」を11月24日より発売する。公的法執行機関や法律事務所、監査法人の関係者のみ購入することができる。

今回発売となる「MacForensicsLab」は、コンピュータ内部のデータを解析し、法的証拠を収集するフォレンジックソフト。解析対象となるメディアと全く同じ内容のデバイスの複製して調査を実施できる。データ復旧エンジンを搭載しており、破損ドライブからの復旧できる。

一方「MacLockPick」は、緊急調査に対応するフォレンジックツール。動作中のハードディスクに対しても調査を行い、アクセス記録やユーザーの行動を示すデータ、アカウント、システム情報など、重要データを収集することができる。

いずれも「Mac OS X」「Windows」「Linux」に対応している。また最新OSにあたる「Windows 7」や「Mac OS X 10.6」へ対応する日本語版について開発を進めており、英語版ユーザーへ無償でアップグレードを提供する予定。

(Security NEXT - 2009/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
危機対応を分野横断的に支援するサービス - デロイトトーマツ
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載