Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他顧客のアカウントでログインしてしまう不具合が発生 - 音楽配信サイト

クラブミュージックの有料音楽配信サイト「WASABEAT」において、サイトアクセス時に関係ないほかの顧客のアカウントでログインしてしまう障害が発生したことがわかった。

同サイトを運営するトウキョウ・デジタルミュージック・シンジケイツによれば、サーバの設定ミスにより、
10月23日21時ごろから27日11時30分ごろまでセッションIDを誤ってサーバへキャッシュする状態となり、同サイトを利用した場合、関係ない他顧客のアカウントとして自動的にログインする状態になったという。

今回の不具合が原因で、アカウント情報として登録されている氏名、メールアドレス、国、都市名などの個人情報をはじめ、登録されているクレジットカード番号の一部、有効期限、カード名義、住所、電話番号など、別の顧客から確認できる状態になった。

さらに他人のアカウントでログインした状態で、楽曲を購入したり、アカウント情報やパスワードが変更されたおそれがある。

同社では設定を修正し、セッション情報を削除した。今回の不具合で被害を受けた顧客に対し、個別に対応を行う方針。

(Security NEXT - 2009/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ピアノ発表会の申込フォームで個人情報が第三者より閲覧可能に
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局